保証制度について

HOME > 保証制度について

建築請負会社が、工事の途中で倒産などにより工事の
完成が不可能となった場合、その建築請負契約を他の
保証会社に引き継いで完成させます。

マイホームの新築や大規模な増改築工事を行うにあたって必ず必要なのは、その建物を建てる土地です。約1000棟に1棟の割合で起きている「不同沈下事故」は、目で直接確認する事が出来ませ
ん。地盤保証とは、万が一このよう
な事故が起きたとしても地盤損壊に
よる不同沈下事故が発生した場合、
建物の修復費及び地盤損壊の修復
費を補う保証制度の事です。

品確法によって新築住宅の取得契約に係る瑕疵担保責任が強化され、基本構造部分の瑕疵担保責任が10年の義務付けとなりました。
瑕疵とは目的物が契約に定められた内容や社会通念上必要とされる性能を欠いていることです。
瑕疵担保責任とは目的物に瑕疵があった場合にその瑕疵を修補したり、賠償金の支払いなどをしなければならない責任の事です。
基本構造部分とは建築基準法における構造耐力上、主要な部分の雨水の浸入を防止する部分です。

AnotherContents

  • スタッフブログ
  • 住宅取得シミュレーション
  • 住宅取得シミュレーション
  • 住宅取得シミュレーション
  • 住まいとお金の関係
  • イベント情報
  • 建替え新築住宅と大規模リフォーム どう違うの?
  • 木造住宅の良さ
  • 木が与えるメリット
  • 住まいと建築の豆意識
  • アフターメンテナンス
  • 保証制度について
  • 街角リンク
  • 建築用語辞典
  • 新築二世
  • DECOS DRY
  • リフォームショップ誕生
  • R+house
  • HOME'S住まいのアドバイザー認定店2016
 

PAGE TOP